洗顔の基礎知識

洗顔料と泡が大切

洗顔の基礎知識.net > 洗顔料は泡が大切

洗顔料は泡が大切

洗顔料の中にはあまり泡が立たないタイプもあります。これらは基本的には洗浄力が弱くできていますから、特殊な場合(皮膚の病気など)には最適かも知れません。

もし、何も肌に問題がない場合であれば、基本的には泡が汚れを落とすために必要になってきます。

洗顔料と泡の効果

洗顔料をあまり泡立てないで使っている人なんかもいるかも知れません。また、顔で泡立てる・・・なんて人も。しかし、それらは正しいスキンケアとは言えません。

洗顔料の泡はこすらなくても汚れを浮き立たせてくれる効果があるからです。ですから、泡をきちんと立てて使うことが必要です。こすったりしては逆効果。肌をいためてしまい、シミなどの原因になることもあります。

泡をしっかり立てたら、やさしく泡を顔に馴染ませてゆくといったイメージです。ただし、洗い残しがないように注意をしてください。洗い残した洗浄成分はシワの原因になることがあるからです。