洗顔の基礎知識

肌荒れの原因

洗顔の基礎知識.net > 肌荒れの原因が洗顔にあることも

肌荒れの原因が洗顔にあることも

肌荒れの原因が実は洗顔方法にあった・・・ということもあるようです。洗顔はスキンケアの基本。ここが正しくできていなければ、その先もうまくはいきませんから、まずは正しい洗顔方法を身につけることです。(参照:正しい洗顔方法

肌荒れを防ぐには洗顔を見直す

肌荒れの原因の1つは顔の皮膚をこすってしまうことです。皮膚はもともとこするといった動作にはとても弱く、あまりこすりすぎると赤くはれたり、かさついたりと肌荒れの原因になります。

にきびができている人やオイリースキンの人もついごしごしと洗顔の時にこすってしまうこともあるかも知れませんが、これは肌にとってはよくありません。洗顔は皮膚の汚れを落とすことが目的。

汚れは洗顔料の泡が浮き立たせてくれます。こすって落とすわけではありません。また、とにかく洗顔にこだわって長時間、泡をのせている、汚れを落とそうとしている人もいるかも知れませんが、洗顔はさっと行いましょう。皮膚にふれている時間が長くなると洗浄力が弱いタイプの洗顔料でも刺激を受けることになります。